So-net無料ブログ作成
検索選択

みんな無事なのか [日常生活]

プレイログのみなさん、ログ友の皆さんはご無事なのでしょうか。
私も私の家族も無事です。

東京タワー [日常生活]

スカイツリーがまもなく世界一の高さになろうとしておりますが、
私たちは東京タワーに遊びに行ってきました





今回の目的の1つはこれ。


私の祖父の仕事は字書きで、歌碑や句碑を多く手がけたそうですが、「東京タワー」という字を書いたというのが家族の自慢です。

実際どれがそうだかわからなかったのですが、それらしきものが見あたらなかったのでこれだ、ということにしてパチリ
こんな地味な物に熱い視線を注ぎ、写真を撮りまくる母娘を警備のおじさんも不思議そうに見ておりました。




展望台高いです!!
シースルーの床がこわい



フードコートでちょっと休憩。


もちろん名物「蝋人形館」にも行ったのですが、あまりの気持ち悪さに写真は一枚も撮りませんでした。死んだ人のオンパレードでなんだか良くない気が漂っているようなきがする・・・・。


外に出るとすっかり暗くなっていました。


がんばれクライストチャーチ [ニュースから]

生まれて初めて海外旅行にいったのはクライストチャーチでした。

町中を流れるエイボン川と街の象徴であるかわいらしい教会に感激して帰国してからもその美しい景色が夢の中に何度かでてきたのを覚えています。

その日、市街地を散策していると、道行く人の視線がやけに気になりました。「日本人がめずらしいのかな・・・」と思っていましたが、
突然、その中の一人が私に
「あなた日本人なの?」と聞きました。
そうだと答えると、「家族は無事なのか。」と言われたのです。

私は全然しらなかったのですが、
その日、日本では、阪神淡路大震災が起きていたのです。



私はホテルに行きテレビをつけました。
地震ニュージーランドでもトップニュースになっていました。
テレビに映る映像は瓦礫と、そこから逃げて途方にくれる人々でした。
よくわからない英語で状況もつかめないまま、
「これは本当に日本なんだろうか」
「これは本当におこっていることなんだろうか」
と息を飲んでテレビを見つめていました。


次の日も、次の日も、日本人と知るとニュージーランドの方々が声をかけてくれました。


あの美しい街の、優しい人たちが、今度は被災者になっていると思うと、とても心が痛みます。

今現在まだ不安な気持ちで瓦礫の下にいる方達がすこしでも早く安全で安らげる場所へいかれますように。


阪神淡路でも、多くの被災された方々、未だにまだ心に傷を負っておられる方々はたくさんいらっしゃいますが、それでもそこから見事に復興を果たされました。人間の力のすごさを感じました。

私は何もできないけれど、クライストチャーチのみなさんを心から応援しています。

残念だー。

今日来たメールにショックを受けてしまいました。

更新がさっぱりできない私でも、プレイログは大好きでした。
ここにくると落ち着く感じがしてたし、
ここでいろんな皆さんに会えたことを嬉しく思っていたのに
ほんとに残念です

筑波山 [日常生活]

急に思い立って、筑波山に行ってみました。
筑波山って、小学校の時の遠足以来

まあ、3年生が登るようなところだから楽勝でしょう
今回ケーブルカーだし
まずは麓の筑波山神社でお参りしました。





この先がケーブルカー乗り場です。



きたきた~。
約8分で山頂駅に到着。



山頂駅には360度回転する展望レストラン(食堂?)がありました。
いい眺め~。




ここから女体山の山頂までは歩きです。
馬鹿にしてきたけど、結構険しい
本当にこんなところ遠足で来たのかな???
とにかく遙か昔のことで記憶がない・・・・。



ありました。
有名ながま石です。
願い事をして石を投げ、見事がまくんの口に入ると叶うそうです。
私は入りましたよ
娘はさんざんやってやっと入りました。
回数制限はあるのでしょうか・・・



ついに山頂!!
ちょうど日没でした。麓の街が小さく見えます。
絶景でした。

帰りもケーブルカーで。
あたりはすっかり暗くなりました。
今ちょうど見頃を向かえた紅葉がライトアップされていてすごくきれいでした。


団地の夏祭り [日常生活]

夏休み最後の土曜日です。

私の住む団地の夏祭りがありました。
私も娘と一緒にいって、焼きそばや豚汁を買って、
近所の人とおしゃべりをして帰ってきました。


気がつけばここに越してきて5年。

初めは隣の人の顔も知らないような団地だったらいやだなーと思っていましたが、自治会の役員を引き受けてみたり(嫌々でしたが)、子どもの親同士のつながりができてきたりして、最近やっと地域に根を下ろしたような感じがしています。

去年は主催者側で、面倒。暑い。と嫌々やっていたけど、こうしてご近所の人たちの顔がどんどんわかってくるのもこうした人たちのおかげなんだとありがたく思いました。


子ども達は友達を見つけてみんなで花火をしていました。


部屋に戻ると遠くの空に花火がみえました。
夏ももう終わりです。

福島・新潟 [旅行]

両親の住む新潟に娘と二人で行ってきました。

途中で、福島に住む友達と会ってきました。



猪苗代湖で湖水浴。浅くて静かで、小さい子でも楽しめました




有名なおそば屋さんだそうで、おいしかったです。
「まんじゅうの天ぷら」もなかなか



南が丘牧場でジャンプ!
ウサギを追いかけ回していました。








そしてこれが新潟の両親の家の近所。
のどかでしょう~?
猿がでます。時々クマも!!!!





おいしいお水がわいているところがあるので汲みに行きました。ご飯やコーヒーに使いました。



大きいオニヤンマが家の窓にとまりました。虫を捕まえて食べています。




森林公園に遊びに行きました。



川遊び。やっと捕まえたメダカは死んでいました・・・。



新潟も暑かったけど、夜気温が下がるのでよく眠れました。
やっと日頃の疲れがとれたみたい。
来週からはまた仕事です。まだまだ暑い~


帰りの磐梯山SAで。クーリッシュをくわえています。


ゴールドコースト [旅行]

ただいま帰りました

初めて行ったゴールドコーストでしたが、楽しかった~。



海はすっごく綺麗で、日中は真冬とは思えないほど暖かかったです。








コアラパークではたくさんのコアラがお出迎え。
何度見てもかわいい~。まるでぬいぐるみです



シープドッグのショーは、とてもよかったけど無意味に追いかけ回されるにちょっと同情してしまいました。



インコの餌付け。結構重たいです。



ワラビーにも餌付け。人になれている感じでした。




テーマパークもたくさん。
比較的ソフトな乗り物が多そうなドリームワールドに行きました。






コーヒーカップの後私は具合が悪くなりました





グリーンマウンテンの山歩きはあいにくの大雨でした。
絶景も見られず残念



ホテルのプールで暗くなるまで泳いで遊んでいました。



アウトレットモールでお買い物




ホテルの近くのパンケーキやさん。
おいしかった~。



今回は日本からオプショナルツアーも全部予約してバッチリの旅行だったはずが、後半は悪天候でクジラウォッチングもキャンセルになってしまいました。

それにしても一年で360日はだと言われるゴールドコースト、悪天候に見舞われるなんて余程日頃の行いが・・・・?
夏休みだからツアーが満員になるといけないと早めに予約しましたが、現地について様子を見ながら現地ツアーを申し込むのもありかな、と思いました。

おかげで2度もショッピングセンターに。母娘でちょっと買いすぎてしまったかも・・・・




最後に、このツアーで一番印象的だったのは初日にいった土ボタルの見学でした。洞窟の天井に一面に土ボタルが光ってとっても幻想的。残念ながら非常に光に弱いということで撮影禁止でした。

土ボタルを見に行く途中でみた星空も素晴らしかった。
南十字星や天の川がはっきり見えました。見えないだけで、こんなに星ってあるんですね。写真に撮れなかった分、心にしっかり焼き付けてきました。

旅行の予定 [旅行]

今年はゴールドコーストに行くよていです




ここに泊まって、







土ボタルを見に行って、



ドリームワールドに行って、



グリーンマウンテンに行って、



クジラを見て帰ってきます


ツアーでお手頃なのがあったのでそれにして、
現地の旅行会社で個々のオプショナルツアーを予約しました。


そんなのぜ~んぶネットでできてしまうんだから便利ですよねえ

ただし、今回は娘や友達の計四人で行くのですが、4人前のツアーとオプショナルの代金を全部私がカードで立て替えて払ってしまい、なんとカードが限度額を超えて使えなくなってしまいました

よく計算しないでうっかりやってしまいました。
旅行にあたり限度額の増額申請中です。

というわけでちょっと不安もありますが今年も楽しく行ってきたいと思います

ずるーい [日常生活]

夏休みに入っても私は相変わらず仕事の毎日なので、かねてから連れて行きたくてウズウズしていた両親が娘を新潟に連れて行ってしまいました

私もせっかくの夏休みに学童保育に預けっぱなしもかわいそうだから承諾しました。

そ・れ・で

晴れてつかの間の独身生活

いつもは「ごめん、お迎えの時間だから。」と断っていたお誘いにも行けるし、食事をきっちり作らなくてもいいし、散らかす人がいないからお掃除も楽々


娘は喜んでついていったはいいけど、結局友達もいないので飽きてしまって毎日のようにをかけてきます


「ママ!今なにやってんの!」
「えーとね、お友達とお食事してるの。」
「お友達?だれ?
「○○ちゃんだよ。」
「うっそ、ずるーい。私にもかわって



「もしもし?ママ?今なにしてたの?どうして昨日電話くれなかったの?」
「だって、昼間おしゃべりしたじゃん。」
「ねえ、ママ。さっき何食べたの?」
「う~んとね、宅配で桃が届いたからそれ食べたよ。」
「え~~っずっるい。とっておいてくれないの
「え、だってとっておいたらおいしくなくなっちゃうよ。今度買ってあげるから。」
「絶対だよ!!」


そんな調子で私の生活を監視しまくっています
そして自分だってそれなりに遊んでるしおいしい物も食べてるくせに毎日「ずるーい」を連呼



ところが今日の電話では、
「ママー!明日花火にいくんだって。」
「へー。それは楽しみだね。どこまでいくの?」
「ん~?知らない。(父に向かって)ねー!ひろじい!どこいくんだっけ?」

「あ、ながおか だって。」
「え~??え~??ずっるい~!!」



長岡の花火、といえば、私がずっと昔から一度でイイからみたいと思っていた花火。こんどは私が「ずるい」を言う番でした

いいなあ~。たっぷり楽しんできてね



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。