So-net無料ブログ作成

生ガチャピン [日常生活]

近くに総合体育館がオープンし、今日は大々的にオープニングセレモニーがおこなわれました




クライミングもできるんですって。
やったことはもちろんないけど、おもしろそう??

近い将来ここで国体も行われるっていうことで、今日は日頃あまり目にすることのできない色んな競技のデモンストレーションが行われ、わたしも娘と一緒に見に行ってきました。



順天堂大学の体操部の演技。選手達のインタビューでは、みんな「インターカレッジで優勝したい」とか、「オリンピックに出場したい」とか言うだけあって、大迫力の演技でした



そしてこれが今日のお目当ての新体操。きれいだった~。実は娘はこの春から新体操を始めたばかり。すごく刺激になったと思います

そして外では、ガチャピンとチーバくんが夢の競演!
記念植樹をしておりました。



ポンキッキ世代の私にとってガチャピンとムックはアイドルで、私は彼らと初めてお会いできたことに感激。



ところがポンキッキをしらない娘にとってのアイドルは、
わが千葉県が誇るゆるキャラ「チーバくん」で、ガチャピンそっちのけでチーバくんを追っかけ回しておりました。ガチャピンの肩越しに見えるのが娘

初恋のひと [日常生活]

私が通っている整骨院はとってもアットホームな雰囲気で、
おじゃまと思いつつ娘を連れて行っても手の空いている先生や受付のお姉さんが遊んでくれたりしています。

娘は中でもとっても優しいお兄さん先生が好きになってしまったようで、
去年のクリスマスに手作りのカードをあげました

先生は、お返事にそれはそれは素敵なカードをやっぱり手作りでくださり、その優しさに母としても感謝していたところでした。


娘がその先生に恋しちゃっているところがなんだかかわいくて、
他の先生や受付のお姉さんもついからかってしまい、
当のお兄さん先生からも「今度デートしようか」といわれたりしていました。


ところが、変にませている娘は、頭の中で「デート→キッス」みたいな公式が勝手にできていたようで、
あこがれのお兄さんからそんなことを言われて真に受け、急に恐くなったのか緊張したのか、避けるようになってしまいました。

娘的には大好きなことには変わりなく、いつも「今日はいるのかな。」と気にしているのですが、見事な避けっぷりで私のほうが申し訳なく思うくらい


ここしばらくは娘を連れて行ってなかったのですが、
昨日、「娘さんげんきですか。」とその先生に聞かれました。


私「元気ですよ。」

先生「ぼく、ふられちゃって。」

「・・・・・・。
 そんなことないよ。
 意識しすぎてお話しできなくなっちゃったの。
 本当は大好きだと思うよ。」

「恋って、残酷ですね。」

「何、詩人みたいなこといってんですか。」

「ぼくは詩人なんですよ。
 今度仕事変えるときは詩人になろうかな。」


なんか変な会話
もしかしていなくなるのかな?
最近新しい人が入っているから、異動があるのかも。
そう思って、


「もしかして、先生、異動するの?新しい人来てるし。」

「どうかな~。わからないな。」

「もし異動の時は教えてくださいね。娘を会わせてあげたいから。」

「そうですね。別れの会話をね。」



なんか、それだけのことだったんだけど、
ちょっぴり切ないような気持ちになりました。

娘の中では初恋の人は一人だもの。
この先生は娘の心の中に甘酸っぱいような思い出としてずっと残るんだろうな、なんて考えていました。

一年生になったよ [日常生活]

いよいよ一年生です

すぐにはりきる性格なのではりきって昨日の入学式は疲れてしまったようです



入学式の校長先生のおはなしで、
「みんなは小学校で何が楽しみですか。」の問いにはりきって挙手して回答。

ところが校長先生に向かって
「あのさ~、いろいろさ~、しらないことがたくさんあるでしょ。だから、それを覚える。」と堂々たるタメ口でした
親はヒヤヒヤ

勉強の心配の前に、言葉の使い方をよく教えておけばよかったわ


とにかくスタートしました
今朝、おおきいランドセルをしょって友達と連れだって登校していきました。

さよなら ぼくたちの ほいくえん [日常生活]

3月25日、とうとう娘が保育園を卒園しました。

保育園の卒園ってなんか特別感慨深い。
まだ親の手を離れない子どもを置いて働きにいくのは
ホントに後ろ髪を引かれる思い。

だけど友達や先生に囲まれて本当にすくすく明るく
育ってくれた。
自分より、保育園に子どもを育ててもらったといっても
言い過ぎじゃないくらい。

娘は私の仕事に合わせて保育園を2度変わった。

初めの保育園ではまだ1歳で、子どもは自分で育てるべきと
思っている母が娘を気の毒がって
「おまえには育てられない、私が育てる」といい、
娘は連れて行かれそうになった。
悩んで保育園の園長先生に相談したら
「どんな状況でも母親にかなう物はない。絶対に手放しちゃいけない」
と励ましてくださった。
娘が熱があるときでも預かってくれたりもした。
母子家庭で子育て初めての私にとって保育園はただ預けるだけのところではなく、子育ての不安や分からないことをなんでも相談できるところだった。


その後 転職に伴いこの保育園にお世話になることになったが
ここも本当にいい保育園で、毎日安心して預けることができた。
兄弟もいない娘にとって、保育園での友達同士の関わりは
人間関係を学ぶなくてはならない場だった。


卒園式で「さよなら ぼくたちの ほいくえん」 っていう歌を
みんなが歌ったときにはじーんときてしまった。

子ども達は一年生になるわくわくのほうでいっぱいで
きゃーきゃーいってるんだけどね。

卒園おめでとう。
保育園の先生、お友達、ほんとうにありがとう。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。